スポンサーリンク

【検証】主音の見つけ方、いくつかの手法

音楽理論

みなさんこんにちは!ぴーなっつだよーーーん!

ところでみなさん、こちらの記事は読んでいただけたでしょうか___

 こちらの記事は、楽譜を書く際の調号設定の仕方について書いた記事なのですが、まあ結論をいうと、

①まずサビのメロの最後の音を調べる

②その音を主音とした場合の短調と長調の調号をどっちも試す

③臨時記号が少ない方の調号を採用する

(④一応曲中全部のサビで試してみると、曲中半音上がる転調とかしてた時気づける。)

このやり方で9割以上、ほとんどの曲で正しい調号設定ができるよ!!という記事です。

上述の記事を読んでいただければ詳しい話、理論の説明、検証の様子が詳しく載っております。まあ読むのめんどくさい人はこの方法だけ覚えて使っちゃってくれ。

さて、この方法の一番のキモは、サビのメロの最後の音がかなりの高確率で主音になっていること、これに尽きます。その確率は、体感的な数字ですが、93%くらいです。高い!
まあでも高いと言っても所詮93%、この方法は100%の確実なものではないのです。割合は少ないながらも、サビ終わりのメロが主音ではない曲というのはまあまあ多く存在します。また曲中にCメロだけ調が違ったりABメロとサビの調が違ったりなどの転調があるとそれは検出できません。悲しい。

それでも、簡単に主音を見つけたかったら絶対にサビのメロの最後の音を見るのが一番の近道です。まあでもそんなこと言われても本当ですかって思われる方もいるでしょうから、本記事ではそれを調べるために(主音を見つけるための)他の手法と比較して検証してみようと思います。一番高精度で主音を見つけられる方法がなんなのか、白黒はっきりさせようじゃないか。

スポンサーリンク

まずは当手法を検証

まあまずは、サビのメロの最後の音がどのくらいトニック(主音)と一致してるのか調べてみましょう!ということで、2019年上半期JOYSOUNDカラオケランキングの上位20曲で調べてみました。まあ上の記事に載ってる検証内容と全く同じなんだけどね。

。結果は、こちら!

2019上半期JOYSOUNDカラオケ総合ランキング
  1. 1位 Lemon/米津玄師
     ”今でもあなたは私のひか
    → ○(長調の1度)
      (※本来はCメロだけ調号が変わるが、当方法では検出不可)
  2. 2位 マリーゴールド/あいみょん
    “抱きしめて 抱きしめて離さない
    → ◎(長調の1度)
  3. 3位 シャルル/バルーン
    “笑いあってさよな
    → ◎(長調の1度、、、)
  4. 4位 さよならエレジー/菅田将暉
     ”光れ君のう
     → ◎(長調の1度)
  5. 5位 糸/中島みゆき
     ”織りなす布はいつか誰かを 温めうるかもしれな
     → ◎(長調の1度)
  6. 6位 U.S.A./DA PAMP
     ”交差するルーツ Times Square
     → ×(短調としたときの5度)
  7. 7位 残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
     ”少年よ神話にな” → ◎(短調の1度)
  8. 8位 小さな恋のうた/MONGOL800
     ”ほらーあーあーあー 響け恋のう
    → ◎(長調の1度)
  9. 9位 ハナミズキ/一青窈
     ”君と好きな人が100年続きますよう
    → ◎(長調の1度)
  10. 10位 366日/HY
     ”あなたのことばかりー(いー↑)”
    → ◎(長調の1度)
  11. 11位 ひまわりの約束/秦基博
     ”ここにある幸せに 気づいたか
    → ◎(長調の1度)
  12. 12位 3月9日/レミオロメン
    “あなたにとって私も そうでありた
    → ◎(長調の1度)
  13. 13位 奏/スキマスイッチ
    “さよならに代わる言葉を 僕は探してた
    → ◎(長調の1度)
  14. 14位 君はロックを聴かない/あいみょん
    “あんな歌で 恋を乗り越えてき
    → ◎(長調の1度)
  15. 15位 アイネクライネ/米津玄師
     ”あたしの名前を読んでくれ
    → ◎(長調の1度)
  16. 16位 今夜このまま/あいみょん
     ”泡の中で眠れたらな
    → ◎(長調の1度)
  17. 17位 Flamingo/米津玄師
     ”毎度あり 次はもっと大事にし
    → ◎(短調の1度)
  18. 18位 プロローグ/Uru
    “淡く光る ちいさな星が残って
    → ◎(長調の1度)
  19. 19位 ピースサイン/米津玄師
     ”転がってくストーリー
    → ◎(長調の1度)
  20. 20位 ロキ/みきとP
     ”ロキロキのロックンロッ クン ロール
    → ◎(短調の1度)

(ランキング引用元サイト: https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/ranking/2019)

ということでとりあえず上位20曲見てみると、このやり方で19曲、95%の曲の調の特定に成功しました!
一曲LemonだけCメロの調が特定できないことを考慮すると、少し下方修正して93%としておきましょう。

まあ、ここまではいいです

問題は、これが本当に一番ベストな方法なのかどうかです。というのも、実は他にも主音をまあまあな割合で見つける方法というのは存在するんです。そことの比較をしないことには、この手法が一番だとは言い切れません。

他のやり方での主音特定率もみてみましょう!

他手法の検証

サビの最後のコード=トニック説

まずはこの説。サビの最後が落ち着くという話なんだったらサビの最後の”コード”がトニックになっているだろうし、それを利用すれば主音わかるんじゃない?という説。うん、道理にかなってる。

そして実際、メロディの最後の音がトニックになっていない例外曲の多くは、コードで考えたらトニックコードで終わっている状況が多いです。例えば髭男の宿命やイエスタデイなどは、サビメロの最後の音は主音じゃないけど、この方法使えば正しく主音が特定できます。すごい。

ということで調べてみます。

2019上半期JOYSOUNDカラオケ総合ランキング
  1. 1位 Lemon/米津玄師
     ”今でもあなたは私のひか
     → ○(長調のトニックコード)
     (※本来はCメロだけ調号が変わるが、当方法では検出不可)
  2. 2位 マリーゴールド/あいみょん
    “抱きしめて 抱きしめて離さない
    → ◎(長調のトニック)
  3. 3位 シャルル/バルーン
    “笑いあってさよな
    → ◎(長調のトニックか、短調のトニック。。)
  4. 4位 さよならエレジー/菅田将暉
     ”光れ君のう
     → ◎(長調のトニック)
  5. 5位 糸/中島みゆき
     ”織りなす布はいつか誰かを 温めうるかもしれな
     → ◎(長調のトニック)
  6. 6位 U.S.A./DA PAMP
     ”交差するルーツ Times Square
    ×(短調としたときドミナント)
  7. 7位 残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
     ”少年よ神話にな
    ×(長調としたときのサブドミナント)
  8. 8位 小さな恋のうた/MONGOL800
     ”ほらーあーあーあー 響け恋のう
    → ◎(長調のトニック)
  9. 9位 ハナミズキ/一青窈
    “君と好きな人が100年続きますよう
    → ◎(長調のトニック)
  10. 10位 366日/HY
     ”あなたのことばかりー(いー↑)”
    → △(長調のトニックの展開形)
  11. 11位 ひまわりの約束/秦基博
     ”ここにある幸せに 気づいたか
    → ◎(長調のトニック)
  12. 12位 3月9日/レミオロメン
     ”あなたにとって私も そうでありた
    → ◎(長調のトニック)
  13. 13位 奏/スキマスイッチ
     ”さよならに代わる言葉を 僕は探してた”  
    → △(長調としたときのサブドミナント、かな。。。)
    (まあ長調のトニックと受け取れないこともない)
  14. 14位 君はロックを聴かない/あいみょん
     ”あんな歌で 恋を乗り越えてき
    → ◎(長調のトニック)
  15. 15位 アイネクライネ/米津玄師
     ”あたしの名前を読んでくれ
    → ○(長調のトニック。。。)
  16. 16位 今夜このまま/あいみょん
     ”泡の中で眠れたらな
    → ◎(長調のトニック)
  17. 17位 Flamingo/米津玄師
     ”毎度あり 次はもっと大事にし
    → ◎(短調のトニック)
  18. 18位 プロローグ/Uru
     ”淡く光る ちいさな星が残って
    → ◎(長調のトニック)
  19. 19位 ピースサイン/米津玄師
     ”転がってくストーリー
    → ◎(長調のトニック)
  20. 20位 ロキ/みきとP
     ”ロキロキのロックンロッ クン ロール
    → ◎(短調のトニック)


ということで、正答率は大目にみると90%
△とかあるのでその分下方修正をかけると、85%くらいかな。
結構な高い正答率ではありましたが、このくらいに落ち着きました。

たまに、長調のサブドミナントコードで終わることがあるのよねえ。
まあ、悪くない方法ではあるんだけどね。

ていうか、この方法やってみてとても実感したけど、最後の音のコードの判定が、めちゃめちゃ大変です。。。結構な場合で、サビの最後はメロだけしか鳴らしてない場合がございます。その場合もはやコードを見ているというかサビのメロの最後の音を見ることになります。

しかも、どこが最後のコードなのかも判定がめちゃめちゃむずい。。。
一応メロディが終わるタイミングのコードとして考えようとしてるんだけど、サビの終わりで主旋律が音伸ばしてる間にコードが変わって行くこととか多くて、そこらへんを判定するのが至難の業、ていうかちょっと忖度しないと無理。そして展開形になってたりとかしたのでコードを把握するためにそもそも良い耳と音感が必要です

ということで、んー、オススメの方法ではないですね。。。。正答率だけみると良いとこまでいってたけどね!

曲の(Aメロの)最初の音=主音説

次はこの説。主音っていうのは音楽の基準となる音なわけなので、曲を聞いたときにすぐに耳に入ってくるAメロの最初の音は基準の音にしがちです。なので調べる価値はありそう。見てみましょう。

ということで調べてみます。

2019上半期JOYSOUNDカラオケ総合ランキング
  1. 1位 Lemon/米津玄師
     ”めならばどれほど”
    → ○(長調のトニック=1度)
    (※本来はCメロだけ調号が変わるが、当方法では検出不可)
  2. 2位 マリーゴールド/あいみょん
    風の強さがちょっと”
    → ◎(長調のトニック)
  3. 3位 シャルル/バルーン
    よならはあなたからいった”
    → ◎(短調のトニック)
  4. 4位 さよならエレジー/菅田将暉
     ”は今無口な空に”
     → ◎(長調のトニック)
  5. 5位 糸/中島みゆき
     ”なぜめぐり逢うのかを”
     → ×(長調の3度)
  6. 6位 U.S.A./DA PAMP
     ????”OLD MOVIE見たシネマ”
    ×(短調ドミナント(5度))
  7. 7位 残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
     ”ん酷な天使のように”
    → ◎(短調のトニック)
  8. 8位 小さな恋のうた/MONGOL800
     ”ろい宇宙の”
    → ◎(長調のトニック)
  9. 9位 ハナミズキ/一青窈
    らを押し上げて”
    ×(長調のドミナント)
  10. 10位 366日/HY
     ”れでも良い”
    → ◎(長調のトニック)
  11. 11位 ひまわりの約束/秦基博
     ”うして君が泣くの”
    ×(長調の3度)
  12. 12位 3月9日/レミオロメン
     ”がれる季節の真ん中で”
    → ◎(長調のトニック)
  13. 13位 奏/スキマスイッチ
     ”いさつの前つなぐ手と手”  
    → ×(長調の二度)
  14. 14位 君はロックを聴かない/あいみょん
     ”少し寂しそうなきみに”
    → ◎(長調のトニック)
  15. 15位 アイネクライネ/米津玄師
     ”あたしあなたに会えて”
    ×(長調の3度)
  16. 16位 今夜このまま/あいみょん
    がいようで甘いようなこの泡に”
    ×(長調の5度)
  17. 17位 Flamingo/米津玄師
     ”い闇に爪弾き”
    ×(短調の4度)
  18. 18位 プロローグ/Uru
     ”に掛かる髪の毛と”
  19. ×(長調の3度)
  20. 19位 ピースサイン/米津玄師
    Oh-Oh Oh-oh-oh”
    → ◎(短調のトニック)
    (Aメロの歌詞のある部分の最初を見るとトニックではなかった、まあ見逃してあげよう)
  21. 20位 ロキ/みきとP
     ”さあ眠眠打破”
    →?? ×(音程がついてないけど少なくともトニックではない)


正答率は50%。うん。全然ダメでしたね。

やっぱり曲の始まりは基準の音から入る割合はせいぜい半分くらいで、メロディは色々な入り方が許容されていることがとても明らかになりましたね。

曲の(Aメロの)最初のコード=トニック説

じゃあコードならどうなの!(半ギレ)
調べてみるね。

2019上半期JOYSOUNDカラオケ総合ランキング
  1. 1位 Lemon/米津玄師
     ”めならばどれほど”
    → ○(短調のトニック)
    (※本来Cメロ調号変当方法検出不可)
  2. 2位 マリーゴールド/あいみょん
    風の強さがちょっと”
    → ◎(長調のトニック)
  3. 3位 シャルル/バルーン
    よならはあなたからいった”
    ×(長調のサブドミナント)
  4. 4位 さよならエレジー/菅田将暉
     ”は今無口な空に”
     → ◎(短調のトニック)
  5. 5位 糸/中島みゆき
     ”なぜめぐり逢うのかを”
    → ◎(長調のトニック)
  6. 6位 U.S.A./DA PAMP
     ????”OLD MOVIE見たシネマ”
    → ◎(短調のトニック)
  7. 7位 残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
     ”ん酷な天使のように”
    → ◎(短調のトニック)
  8. 8位 小さな恋のうた/MONGOL800
     ”ろい宇宙の”
    → ◎(長調のトニック)
  9. 9位 ハナミズキ/一青窈
    らを押し上げて”
    → ◎(長調のトニック)
  10. 10位 366日/HY
     ”れでも良い”
    → ○(長調のトニックの展開形)
  11. 11位 ひまわりの約束/秦基博
     ”うして君が泣くの”
  12. → ◎(長調のトニック)
  13. 12位 3月9日/レミオロメン
     ”がれる季節の真ん中で”
    → ◎(長調のトニック)
  14. 13位 奏/スキマスイッチ
     ”いさつの前つなぐ手と手”  
    → ◎(長調のトニック)
  15. 14位 君はロックを聴かない/あいみょん
     ”少し寂しそうなきみに”
    → ◎(長調のトニック)
  16. 15位 アイネクライネ/米津玄師
     ”あたしあなたに会えて”
    ×(長調のサブドミナント)
  17. 16位 今夜このまま/あいみょん
    がいようで甘いようなこの泡に”
    → ◎(長調のトニック)
  18. 17位 Flamingo/米津玄師
     ”い闇に爪弾き”
    ×(短調のサブドミナント)
  19. 18位 プロローグ/Uru
     ”に掛かる髪の毛と”
    → ◎(長調のトニック)
  20. 19位 ピースサイン/米津玄師
    Oh-Oh Oh-oh-oh”
    → ◎(短調のトニック)
    (歌詞のある部分の最初もトニック)
  21. 20位 ロキ/みきとP
     ”さあ眠眠打破”
    → ◎(短調のトニック)


正答率は85%。おおーすごい。下方修正入れても82%とかかな。

まあ最初の手法には及ばないけど、比較的高めの数字が出ました。良いじゃないですか。
まあ、コードを聞き取るっていうのがまずある程度以上の音感が必要なのと、結構原曲きいてコードが何か僕でもよくわかんないみたいなこともたまにあるので、そこのめんどくささはネックですね。でもやってみるとサビの最後のコードよりかは比較的楽に調べられました。ちゃんとコードを鳴らしてるAメロスタートが多かった印象。

ところでこの×になってた部分を見ると、サブドミナントコードスタートばかりなことがわかりますね。サブドミナントという書き方をしましたが、まあ基本例外は全部4度がルートのコードからスタートしてるってことです。

実はこれは結構普遍的なもので、4度がルートのコードからスタートするフレーズっていうのは結構多いです。これは僕の体感的な数字ですが、ある程度まとまりのあるフレーズの場合、コードはトニックスタートが7割、ルート音4度スタートが3割です。フレーズの始まり方はその二つしか基本ないと行っても過言ではありません(ちょっと流石に過言だねごめんね)。


今回はAメロのスタートコードだけ見たのでトニックスタートの率が85%になりましたが、Bメロやサビの頭のコードとかも合わせて考えると多分このくらいの割合になるんじゃないですかね。まとまりのあるフレーズというのはそれだけこの二つのコードから始まるのが多いんです。理由は多分コードの構成音に主音が存在するからだろうなあ。。。あ、これはもう別の話ですね。また今度機会があったら話しますね。

まとめ

このように、楽曲の主音を見つける幾つかの方法について検証してみました。その結果導かれた結論としては、こちらです。

結論

サビのメロディの最後の音を見るのが一番正答率が高い。そしてラク。

そういうことだ!

まあ僕はさすがにそうだろうなあと思ってたけど、ちゃんと検証結果によって保証が得られたので嬉しいですね。

そして今回検証した他の手法も、だいたいの確率でなら当てることが出来たね。鍵盤にある12種類の音から適当に選んだときの確率は8.3%なわけだし、そう考えると50%も十分に高い数字ではありますし、80パーごえの割合で主音がわかるというのは普通にちゃんとすごいことだと思います。

そうはいってもやっぱり93%の正答率は、比較しても最強でした。しかも簡単なわけだし、最初に挙げたやり方がいかに素晴らしいかみんなもわかってくれたんじゃないかな。そういうことで、みなさんも楽曲の主音を見つけたいときは最初挙げたやり方をぜひやってみてください!イチオシ!

再掲。

①まずサビのメロの最後の音を調べる

②その音を主音とした場合の短調と長調の調号をどっちも試す

③臨時記号が少ない方の調号を採用する

(④一応曲中全部のサビで試してみると、曲中半音上がる転調とかしてた時気づける。)

そゆことだ!以上!
調号わからないって子は是非参考にしてみてくれよな!
ほな、またな!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました